• 資料・リンク
  • このHPについて
  • お問い合わせ
  • ブログ

境内案内図

境内は三方を山で囲まれ、渓谷に沿って施設や見所が点在します。

山門

入口からの石段を上がると山門があります。今の山門は大正天皇の即位を記念して建てられたもので、大正門と言います。門の上は鐘楼になっています。

この橋が入口です。

山門に続く緩やかな石段。

丹波古刹十五ヶ寺の一つです。

先頭へ戻る

本堂(観音堂)

茅葺の本堂です。本尊は浅山不動尊で、この本堂には無く、歩いて10分ほどの洞窟の中にあります。本堂には、観音菩薩像、愛染明王が祀られています。

山門から見た本堂(奥)と庫裏(右)

庭の紅葉
正面の岩山の頂上には香良城が築かれていました。

先頭へ戻る

庫裏

山門を入ったすぐ右手に庫裏があります。
庫裏ではお茶やぜんざい、精進料理(要予約)のサービスもあり、庭や岩山をみながら歓談できます。

先頭へ戻る

浅山不動尊

本尊不動明王拝殿です。
本尊はこの洞窟の奥に祀られています。

弘法大師が彫ったとされる、
本尊の不動明王(石像)です。

不動尊への階段と
独鈷の滝

不動尊のすぐ前にある護摩堂。老朽化のため、現在は使われていません。

先頭へ戻る

独鈷の滝

独鈷の滝。落差は20mで、
雄滝とも呼ばれています。

滝の流れは岩瀧寺渓谷へと続きます。

先頭へ戻る

四国八十八寺本尊佛

この寺の開祖である弘法大師ゆかりの、四国八十八箇所の本尊佛を知る事ができます。

先頭へ戻る

庚申堂・観音堂

庚申堂
本堂の左手に庚申堂、その奥に大師堂があります。
庚申堂には、庚申信仰に因んで、青面金剛が祀られています。

大師堂
四国八十八箇所の本尊が祀られています。

先頭へ戻る

夫婦杉

樹齢500年の2本の杉で、根元で結ばれています。

先頭へ戻る

白玉大明神


白玉大明神

先頭へ戻る

不二の滝

本尊不動明王拝殿です。
本尊はこの洞窟の奥に祀られています。

不動尊の前に不二の滝への案内板があります。
この方向に山道を5分ほど歩くと、不二の滝があります。